イギリス次亜塩素酸水溶液政府公認


(2020/7/31)

次亜塩素酸水溶液は、Covid-19の簡単な解決策になる可能性があります

次亜塩素酸は、コロナウイルスを寄せ付けないために人々が職場や市場に参入する際に通りをスプレーし、人々を消毒するために世界中の国で使用されてきました

世界中の道路や路面に散布されている安価な酸が、感染率の低さの背後にある重要な要素である可能性があります。

中国、日本、香港などの国々の当局者は数ヶ月間、公共の場で次亜塩素酸を使ってきました。

HCIOとして知られるこの物質は、塩素を水に溶かしてできたもので、漂白剤に比べてウイルスを殺す効果が何十倍もある。

それは、信じられないほど安いです。

有用な洗浄特性を持っているにもかかわらず、この酸は人間にはほとんど脅威を与えないほど弱く、プールの水を清潔に保つために使用されています。

今週初め、英国政府は公共の場でHCIOを散布する試験を承認した。

他の場所では数ヶ月間有効性が明らかになっているのに、英国では液体の使用に時間がかかっているという事実は、専門家によって疑問視されている。

ダレン・レイノルズ博士、イングランド西部大学の健康と環境の教授は、MailOnlineに語った。"私たちは最初からHOClを使うべきでした。

"それは大きな違いを作っただろう - しかし、まだ手遅れではありません"

韓国ではHOCIが大活躍しており、コロナウイルスの感染率を低く抑えている大きな理由として評価されています。

街頭での散布だけでなく、公共の場に出入りする人にもHOCIの霧がかかっています。

シフトの終わりに帰宅する労働者は、次亜塩素酸を側面から吹き付けるアーチの中を歩いている。

練習は、歯科労働者が表面上の細菌やウイルスを殺すために手持ちのスプレーガンを使用する英国では、前代未聞ではありません。

©︎ 2020 次亜塩素酸水溶液普及促進会議